革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

TPOによっておしゃれに着まわす上着について

ジャケットとは、上半身に着用する羽織物のことで、上着とも呼ばれます。
気温により寒さをしのぐために羽織るほか、ファッションとしておしゃれを楽しむ目的で着用する場合もあります。
ジャケットには非常にたくさんの種類があり、コートやブルゾン、パーカーをはじめ、制服の上に着るブレザーと呼ばれるものや、毛糸で編まれた前開きのカーディガンなどもあります。
ボレロは丈が短いものを指し、ワンピースなどと合わせておしゃれにコーディネートされます。
また長袖ばかりとは限らず、ベストと呼ばれるものは袖がないタイプです。
革のジャンパーのことを革ジャン、刺繍が施してあるものをスカジャンと呼び、カジュアルにもセクシーにも着こなせます。
気温によって着脱できる点がジャケットの利点ですが、デザインや素材もさまざまなのでTPOによっていろいろと選んで着用します。
センス良くインナーやボトムと組み合わせたり、マフラーやストールといった服飾小物と合わせることにより、よりおしゃれに着回すことができます。

スマートに着用できるジャケットを選ぶ為のポイント

大人ファッションに欠かす事ができないアイテムと言えばジャケットではないでしょうか。
しかしながらきちんと選ばないと着こなしているというよりも、着せられている感じが強く出てしまいます。
ではどんなポイントに着目して選べば良いのかと言いますと、まず重要なのがサイズです。
サイズ選びを制すればオシャレ感もアップしますので、購入する際にはよくサイズを確認してみると良いでしょう。
サイズ選びのポイントですが、まず大切なのが肩に合っているかどうかです。
肩が合っていない場合ですと窮屈に見えてしまったり、だらしなく見えてしまう事になりますので、着用した際のフィット感を確認してみると良いでしょう。
次に袖丈ですが、袖丈は手首が丁度隠れる位の長さですと違和感なく着用できます。
シルエットも重要なポイントです。
着用した際のシルエットが体系に合っていないと違和感が強くなりますので、試着をした際には違和感が出ている部分が無いか確認してみると良いでしょう。
ジャケット選びに失敗しない為にはデザインも重要ですが、デザイン選びの際にはまず自身の雰囲気に合っているかどうかが大切です。
好みのデザインで選ぶのも良いのですが、選んだデザインが雰囲気に合っていないと着せられている感が強くなりますので、試着をした際に違和感があるようなら注意が必要です。
因みに主観的にチェックするよりも人から確認してもらった方が判断し易い事もありますので、誰かに付き添ってもらって選ぶのも良いのではないでしょうか。


check



複数のデザインパターンから、お客様にぴったりのデ会社案内を制作します。


会社案内をデザインから印刷までトータルプロデュース





2019/7/11 更新